今日どう?

thcircuit2.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アメフトにアイスホッケー

スポーツ観戦のハシゴ。

まずは昼からアメフト。去年まで関わってたとこと、教え子がトレーナーでときどき
仕事で行く大学。接点は特別ないけど。
アメフトは平面じゃ見にくい。
平面で見るならチームエリアくらいの位置じゃないとだめだね。
久々に会ったOB、OGと少し話したりしながら。

前半でお暇。

苦しい戦いが続いてるようですが、頑張ってほしいです。



その後東伏見でアイスホッケー。
生観戦は初めてでした。
小さいときにテレビでは良く見てたので、おおよその流れはわかるけど、
詳しいルールは不明。
解説してもらいながら少しずつ理解できてくると楽しくなるばかり。
プレーの意味が少しだけ理解できるようになる。
面白い。
迫力はすごいね。
距離感もあるけど、スピードもついてるからそれだけでも惹かれますな。
知り合いとか身内だったら気が気じゃないかも。


んでやっぱり動き方とか気になる。
氷の上で、接地面が小さくて、そんな中で止まり、素早く動く。
面白そう。
知識欲が急に掻き立てられました。

そして会場は空席があったせいもあるみたいだけど、けっこう寒い。

いやぁ、いい経験だった。
きっかけもらえたことに感謝。


氷の上でストレッチしてるってなんか新鮮ですね。
[PR]
by th-circuit | 2010-10-04 23:32

何を鍛える?

勝負をするうえで「期限」がつきものです。
時間は有限、その期限までに到達しなければならない。

学生スポーツは特にこの時間的制約に悩まされます。
高校生ならおおよそ2年半。
大学生でも3年半~8ヶ月くらい?

そして伸び方もそれぞれ。
まだ成長段階の子もいれば、急激な伸びを見せる子。
競技歴も様々。

トレーニング、だけじゃないけど、まずは幹を太くすることが大事です。
そこから生えてくる枝はしっかりする。
これに間違いはないと思う。
でも、限られた時間。個々で違う身体の状態。
もしかしたら枝を太くするようにした方がいい結果を生むかもしれません。

それでも幹を太くするべきなんでしょうか?


自分はそれでいいと思います。
芯がしっかりしてればそこからの応用は色々できます。
もちろん、応用を考えるタイミングは必要です。
幹が細いがためにできないこともあります。
足りない枝を増やすことは幹さえしっかりしてれば、短い時間でできることもあるけど、
その逆はない。
急に幹は太くならない。


それから
各個人にとって、何が幹なのかを見落としてもいけない。



難しい、でも面白い。
[PR]
by th-circuit | 2010-10-03 02:34

トレーニングコーチとして仕事する男の思考と日常をお伝えします。


by th-circuit
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31